東京ペットビジネス学院 資料請求
東京ペットビジネス学院TOP 資料のご請求 講座比較一覧 TPSとは 卒業生の声 なんでもQ&A お問い合わせ お申し込み

ドッグトレーナー本科
ドッグトレーナー本科とは
教材テキストの紹介
卒業生の声
受験料・お支払い方法

専門家をめざす
トリミング速成コース
トレーナー速成コース
ペット介護・シッター速成コース
ペットビジネスマイスター講座
ペットトリマー・美容アドバイザー講座
ドッグトレーナー・セラピー講座
フリースペースホテル・シッター開業講座
動物看護士・動物介護士講座
ペット販売士・ブリーダー講座
愛犬家向け
ペット危機管理士入門
愛犬トリミング入門
ペットアドバイザー入門

TPS東京ペットビジネス学院とは
時間的経済的負担を軽減
専門学校とココが違う!
万全のサポート体制
歴史ある信頼の通信講座
貴方を導く強力な講師陣
安心の検定協会認定講座

なんでもQ&A
お問い合わせはコチラ
サイトマップはこちら
特定商取引法による表示
ドッグトレーナー本科 資料請求
 

主として狩猟用途で犬を飼育してきたヨーロッパに比べ、農耕国である我が国には犬をトレーニングする習慣が根づきませんでした。
我が国の家庭犬の飼育数は増加の一途をたどっており、近年中に欧米並の飼育率に達する事が予想されます。急激な飼育数の増加によって、ペット飼育にかかわる近隣住民とのトラブルが社会問題となる事は必至で、早急なペット飼育ルールの確立が求められています。
ペットはいかなる時も飼育者のコントロール下になければなりません。ペットを家族の一員として迎え、さらにペットが社会の一員として認知されるためには、それに相応しい社会ルールの教育(トレーニング)が実行されるべきです。
ほとんどの犬の飼い主が、すでにしつけの問題で「困っている」日本の現状は、家庭犬のトレーニングなくして改善される事はありません。
家庭犬トレーナーと言う職業は、ペット共生社会の重要なサービス業としてその地位を確立して行きます。

こんな方におすすめ

・正統派英国家庭犬トレーニング技術を学びたい
正統派英国家庭犬トレーニング技術をマスターしていただけます。
警察犬に代表される、従来のしつけ方法とは全くことなる、ワンちゃんの本能をいかした体罰のないトレーニング方法です。
高度なトレーニング技法を体系的に習得できることはもちろん、確かな技能と倫理観を兼ね備えたドッグトレーナーになることが可能です。

・ドッグトレーナーになりたいけれど、時間も費用も取れない
最低100万円以上の学費+毎日の通学と、犬の訓練士養成専門学校での学習には多くの制約があります。
通信講座の場合はDVD教材と詳細なテキストによって教室での授業にまさる高度な技能の向上効果を上げています。

・それでも通信講座だけだとやはり不安
希望者にはスクーリング制度(別途費用)をご用意しております。
スクーリング先のトリミング実技研修所の多くは、営業中のプロのドッグトレーナーです。
机上の知識や技術に留まることなく、現場のプロドッグトレーナーから生きた技術を習得することができます。

実技研修制度とは

濃密なカリキュラム構成を支える東京ペットビジネス学院のドッグトレーナー本科の教材は、一般社団法人日本ペット技能検定協会認定のオリジナルテキストです。
プロドッグトレーナー界でも著名な講師陣の協力を得ている各教材は、1日の学習量に無理がなく、なおかつ学習効果を最大限に追求した構成となっております。

・テキストはバインダー仕様
学習内容をいつでもどこでも復習できるように、テキストは持ち歩きできるバインダー仕様です。
通勤・通学時間も効率よく活用いただけます。

・英国家庭犬トレーニング方法を基本から解説
食事やトイレのしつけという基本的なことはもちろん、命令の出し方、足の運び方など、英国家庭犬トレーニング方法の基本から解説しています。
英国式トレーニングの良さは、訓練士が飼い主さまの愛犬を預かってトレーニン グを行うのではなく、飼い主さまがドッグトレーナーから愛犬の「トレーニング方法」を学び、自らトレーニングをする点にあります。このトレーニング方法では、飼い主さまは日常的に愛犬へしつけを実践できるようになるので、訓練士の言うことは聞くけど、飼い主さまの言うことは聞かないという問題が起こりえません。

・犬のトレーニング専門学校を凌ぐ充実の教材量
6教科のテキスト、技法・資料DVD26巻、犬猫骨格ポスター制作素材。
犬種の成り立ちなどの歴史的背景なども解説しており、興味を持って学習を続けられます。
学習をしている最中だけでなく、プロドッグトレーナーとなった後も業務ツールとして役立つよう、お客様との会話などで役立つとのお声をいただけるほど、多様な犬種を取り上げて編纂されています。

実技研修制度とは

「家庭犬トレーナー1級」「ドッグシッター」
「ペット飼育管理士」「ペット販売士」
「小動物看護士」「小動物介護士」
「セラピードッグトレーナー」
「ペットロスケアアドバイザー」 計 8資格

卒業生の声先輩達のサクセスストーリー
ドッグトレーナー本科修了 ☆Iさん夫婦
  1. 受講されたきっかけは何ですか?
    開業セミナーで今後の犬業界について聞いた際に、ドッグトレーナーとしての需要について興味を覚えたからです。
  2. 受講されて良かった点と悪かった点は何ですか?
    トレーニングの勉強と言うと、しつけや命令の所作だけを学ぶイメージがありました。
    しかし、トレーニング方法だけでなく犬について全般的に学ぶことができたことはとても良かったです。 犬に関する知識が増えました。
  3. トレーニング実技研修へのご感想をお聞かせ下さい。
    トレーニングの実技研修の受講は主人だけしました。
    10時間だけのトレーニング実技研修では時間的に少なく、費用のわりに効果があるのか正直不安でしたが、トレーナーとして大事なことを学べました。
    学術的なこと以外のことを習得できたことがとても良かったと言っております。
  4. 今後どのように役立てたいですか?
    まずは今後もトレーニングの勉強を続けていき、いずれトレーナーとして開業できたら良いなと漠然と考えております。
実技研修制度とは

犬の訓練士養成専門学校の場合、学費は様々ですが教材費を抜いても100万円以上の自己資金が必要と言われています。
東京ペットビジネス学院のドッグトレーナー本科の受講料は、237,600円です。

銀行振込、代金引き換え、カード払いが可能です。

一括払いの場合 237,600円

詳細はお問い合わせ下さい。

 

資料請求 お申し込み
 

資料請求